世界中のきれいな海をダイビングしよう!!

Pocket

ダイビングは誰でもできる?

ダイビングというと、結構難しいという印象を持っている方もいらっしゃると思いますが、実際のところはダイビングというのはそこまで難しくありません。

実際のところ、障害を持っている人でも、ダイビングをすることは可能になっているのだそうです。

障害を持っていても実践可能

例えば、耳が聞こえないとしても、ダイビング中は手話で会話をすることができますし、歩くことが困難だという人でも、ダイビングであれば足の力は使わないですから、問題なくダイビングをすることも可能になっているのです。
さすがに、一人でダイビングをするのは危険行為ですが、インストラクターの人と一緒に泳げば、物を見ることができない人でもダイビングができるのです。

金槌でもダイビングを楽しめる

それに、プールなどで泳ぐことができないという人もいるでしょうが、ダイビングではダイビングスーツという服を着ます。

このダイビングスーツは、水の中で浮く特性を持っていますから、泳ぐことができないとしてもダイビングをすることが可能になっています。

ダイビング中は、重りを身につけて、沈むようにしていくのですが、重りがあったとしても、海の中をスムーズに泳ぐことができます。
船などから数百メートル泳がなくてはならないとしても、特に問題なく泳いで移動をすることが可能になっているのです。

なので、泳ぐことができないからダイビングを諦めてしまっていたという人や、体に問題を抱えているからダイビングはためらっていた人でもダイビングを楽しむことができるのです。

ダイビングは敷居が高い?

ダイビングというと、とてもきれいな海の中を魚と一緒に泳ぐことができるため、最近とても人気になってきています。

ダイビングはライセンスが必要

ただし、ダイビングをするためには、ライセンスを取得しなくてはなりません。
ダイビングは、酸素ボンベを背負って、海の中を潜っていくことになるのですから、それなりの技術なども求められることになります。
自分の体や命を守るために、正しい技術や知識を持っていなくてはならないのですから、ライセンスが必要なのも当然のことなのではないでしょうか?

泳ぐだけがダイビングではない

ダイビングというと、泳ぐというイメージがとても強いのですが、泳ぐだけとは限りません。

ダイビング時には、ダイビングスーツを着ますが、このダイビングスーツを着て、海の底をウォーキングするというのもダイビングに分類されていますし、大会が開催されるほど人気が高いです。

このようにダイビングというの、実は奥深くスポーツのように楽しむことができるようになっています。

その人の年齢や技術などによって、色々な楽しみ方をすることができるようになっているのも魅力の一つになっているのです。

Pocket