Pocket

スキンダイビングをする場合、体と水面が垂直になるようにもぐるようにしましょう。

スキンダイビングは体力が必要

水面を浮いているのであれば、そこまで体を動かすこともないのですが、息を止めて水中に潜る場合、思いのほか体力を使うことになります。

スキューバダイビングの場合は、そこまで体力を使うことはありませんが、スキンダイビングはスキューバダイビングと比べて、かなり体力を消費してしまいますので、体力管理は徹底して行っていかなくてはなりません。
さらに初心者の場合、水中に潜ることで緊張しすぎてしまって、余計に体力を消耗してしまうこともあります。

こまめに海面で呼吸をしよう

ある程度慣れていたとしても、最長で30秒くらい経ったら海面に出るようにして、酸素を取り入れるようにしましょう。

息こらえを無理してしまうと、血液中の酸素が少なくなってしまって、ブラックアウトしてしまうこともあるのです。
ですので、決して無理をせずに、こまめに酸素を取り込むようにして、事故にならないようにしましょう。

スキューバダイビングよりもスキンダイビングから始めよう

スキューバダイビングに必要なことをスキンダイビングで学ぶことが出来るようになっていますから、まずはスキンダイビングから始めるようにしましょう。
そうすれば、スキューバダイビングもスムーズに楽しめるようになりやすいです。

呼吸法を身につけよう

深く潜るほど、エアーはどんどん消費されることになります。
スキューバダイビングをする場合、エアーの残量もちゃんと把握しておかなくてはならないですし、どれくらい水深まで潜ると、どれくらいのエアーを消費するのかも理解しておきましょう。

また、エアーを使って呼吸をするときは、まずは吐くことから始めましょう。
いきなり吸い込むと、呼吸が乱れやすくなってしまい、パニックになってしまう可能性が出てしまいます。
もしも、思ったように呼吸をすることが出来なくなってしまった場合は、無理して潜り続けるのではなく、いったん海面に出て呼吸をしっかりとするようにして、呼吸が正常になってから、再び潜りましょう。

Pocket