スロープには珍しい魚がたくさんいる

Pocket

イソバナエビ

非常に小さくて見つけにくい魚で、イソバナエビと呼ばれる魚がいます。
エビという名前が付いていますが、実際のところは魚で、かなり目を凝らさないと見つけられないかもしれません。

アカスジウミタケハゼ

アカスジウミタケハゼは、全身が赤く、とても小さな魚になっているのですが、大体はミズタマサンゴの周りにいるので見つけやすいでしょう。
とても愛嬌がある魚ですので、女性ダイバーから人気になっています。

マルガミサミ

マルガミサミはカニの一種になっているのですが、イソギンチャクの触手の根元などで暮らしているため、ちょっと見つけにくいかもしれません。

ミミズクガニ

同じくスロープ周辺に生息しているカニで、イソギンチャクの中で暮らしているのではなく、イソギンチャクを体に付着させて擬態をしているという特徴があります。

シマヒメヤマノカミ

シマヒメヤマノカミは体調と比べると眼球がかなり大きいという特徴を持っています。

スロープ独自の魚が多い

スロープには、他の海では見られないような魚が結構多いです。
ですので、始めてみるような魚を目にすることが出来て興奮を覚えるかもしれません。
魚だけではなく、スロープにはマングローブも自生していて、自然豊かになっていますから海以外でも楽しむことが出来るでしょう。

超浅瀬に生息している魚

マクタン島周辺というのは、超浅瀬になっているところも結構あり、スノーケリングで色々な魚を見ることもできます。
ただ、超浅瀬でもかなりレアな魚もいたりします。

リトルファイルフィッシュ

リトルファイルフィッシュは、マクタン島周辺の超浅瀬の中でもかなりレアな魚になっています。
体の色は統一されていて、サイズも小さいですから、見つけるのが容易ではありません。

ゴマハゼ

ハゼの仲間はたくさんいるのですが、その中でも一番サイズが小さいのが、ゴマハゼといわれる魚です。
成長をしても、体調は1cmほどしかなく、とても小さいハゼになっています。
ただ、小さいですが、マングローブポイントをダイビングすれば、すぐに見つけることが出来るでしょう。

エリクボギンボ

エリクボギンボは、とても警戒心が強い魚になっているので、近づいたら穴の中に入ってしまいます。
ただ少しだけ離れるとまた穴から出てくるので、愛嬌があります。

ニラミキンボ

ニラミキンボは、通常時は体色が黒色なのですが、的が近寄ると顔の部分に青色の線が出てきて威嚇をしてきます。

ダイビングじゃなくてもスノーケリングで楽しめる

マクタン島は、飛行機で移動をして、ボートで20分くらいあれば到達することが出来ますので、とても交通の便がいい土地です。

さらにマングローブが多く生えているため、独自の生態系が育まれていて、見たことがない魚を見ることも出来るので、ダイバーの間で人気スポットになっているのです。

マクタン島のかわいらしい魚

イッポンテグリ

イッポンテグリは幼魚の頃は5mmくらいのサイズですので、ちょっと見つけにくいのですが、ヒレを必死で振りながら泳いでいる姿はとても愛らしいです。

イロイザリウオ

イロイザリウオは、幼魚の頃は赤くて金魚に近い色合いになっています。
イッポンテグリと同じく、幼魚の頃は5mmくらいしかないですが、赤い体が目立ちますので、見つけるのにそこまで苦労はしないでしょう。

写真家ですら知らない魚もイッパイ

マクタン島には、色々な種類の魚がいるのですが、その中には写真家として、マクタン島に何度も通っている人でも名前を知らない魚も結構あります。
それくらい、マクタン島というのは、珍しい魚たちが生息しているということです。
特にマクタン島では、色々な種類のハゼの仲間がいます。
日本でダイビングをしても見たことがないような魚が優雅に泳いでいるところを見て、癒しを感じることも出来るようになっています。
また、珊瑚やマングローブもたくさんありますから、色々な自然を写真として収めることが出来るでしょう。

そのため、マクタン島を訪れるダイバーの中には水中撮影をするという人が多いですし、写真集も多く出版されています。

Pocket