フリースタイルでモルディブの海を楽しもう

Pocket

モルディブの楽しみ方はいくつもある

モルディブというと、ボードというイメージがつい人もいるのですが、実際のところはボード以外にも楽しむことが出来るようになっています。
また、モルディブというのは、色々な楽しみ方がありますから、フリースタイルで海を満喫しましょう。

チェックダイブをして、特に支障がないのであれば、バディと組んでダイビングをすることも可能になっています。
ボードを使わずに、ダイビングをすることが出来ますから、スケジュールもある程度自由にたてることが出来ますし、出費を抑えることも可能になっています。

さらに、他のダイバーもいませんから、自分のペースで泳いだり、水中撮影をすることが出来るという点でも、ダイビングの経験がある人たちから人気になっているのです。

ただし、ダイビングをするのであれば、ハウスリーフリストに氏名などを書いて、ちゃんと時間やルールを守ってダイビングをするようにしてください。
このハウスリーフリストに記入をしなかったり、時間を超過しても帰ってこなかった場合、捜索されてしまい、とんでもない出費になってしまうということもあるのです。
ですから、どのようなルールになっているのか、何時までに帰ってこなくてはならないのかを必ず確認するようにしてください。

ハウスリーフとは?

ハウスリーフというのは、ビーチからそのまま泳いでスポットまで到達することが出来る地点のことを指しています。
ですので、ボードを借りなくてもダイビングなどを楽しめるようになっています。

ハウスリーフで記入することは?

ハウスリーフでは、氏名やホテルの部屋番号、何時からダイビングをするのかなどを記入することになります。
そして、ダイビングから帰ってきたら、またハウスリーフに帰ってきた時間を書くようにしなくてはなりません。

モルディブでスノーケリングを楽しもう

ヒルトンでスノーケリングをする

モルディブのヒルトンというのは、珊瑚が点在しており、小さな魚や珊瑚の周りを泳いでいます。
ですので、スノーケリングをしつつ小型の魚や珊瑚を眺めることが出来るようになっているのです。

ヒルトンでは、水上ヴィラもあるのですが、部屋の中でスノーケリングをすることが出来る場合もあります。
ですので、部屋にいながら、海の下の魚を見ることが出来るという点も、人気の理由の一つになっています。

モルディブはスノーケリングが上達しやすい

モルディブは海に囲まれていますから、フィンで移動をすることがとても多いです。
ですから、モルディブにいると、それだけスノーケリングも上達しやすくなっていますから、初心者にもお勧めです。
また、モルディブのビーチは、日本のように多くの人が集まっているというわけではないですので、のんびりスノーケリングをしたり泳いだりすることも可能です。
リゾート地なのに、そこまで人が多くないという点も、モルディブが人気になっている理由の一つになっているのでしょう。

モルディブに行くときに持っておいたほうがいいもの

モルディブに行くのであれば、いわゆる3点セットは持っていくようにしましょう。
他のスノーケリングなどに必要なアイテムはショップでレンタルで借りることも出来るのですが、3点セットは自分に合わせたものを使うようにしたほうがいいでしょう。

Pocket